トイレに置ける手洗い器の大きさは?
〜狭いトイレにはコンパクトボウルがおすすめ


手洗器・ボウルをトイレに設置するうえで、重要視することはトイレ空間のタイプです。他にも便器サイズ、ドア形状や向き、便器から立ち座りをしても余裕のある位置に設置することも大事です。
 

ポイント1.トイレの広さ、スペースに置けるボウルを選ぶには?

[トイレの空間は大きく分けて4パターン]

  (1) (2) (3) (4)
  普通トイレ(正面入口) 普通トイレ(横入口) 広めのトイレ 広いトイレ
広さ 0.4〜0.5坪 0.4〜0.5坪 0.75坪 1坪
参考写真
間口×奥行 80×120〜170cm 80×120〜170cm 120×170cm 170×170cm
ドア 正面 正面/横 正面/横
設置可能 25cm以下のボウル 30cm以下のボウル 35cm以下のボウル 35cm以上のボウル
イメージ

詳しく見てみましょう。ポイントはトイレの間口(横幅)とドアのタイプです。

(1)普通トイレ(正面入口ドア)

ドアを開けると正面に便器があり、間口が80cmほどのトイレ(0.4〜0.5坪)。このトイレの場合は、左右どちらかの壁に25cm以下のコンパクトなボウルを設置することができます。
正面入口トイレの場合、手洗いの横を通って歩くことになります。間口が80cmとすると人が通るためには幅50cmぐらいが必要なので、手洗い器の奥行きはゆとりをもって25cmぐらいまでのコンパクト手洗い器がオススメです。

奥行き25cmまでのボウル一覧
 
※正面ドアの普通トイレで内開きドアの場合、トイレ空間が狭くなるので手洗器の取付をオススメできません。

(2)普通トイレ(横入口ドア)

ドアを開けると右または左に便器があり、間口が80cmほどのトイレ(0.4〜0.5坪)。このトイレの場合は正面ドアの向いのコーナーに手洗器を設置することができます。
出入口が横トイレの場合、手洗器をコーナーに設置することができ、正面出入口の場合と比べてややスペースが広く使えて、奥行き30cmぐらいまでの手洗い器が設置できます。

奥行き30cmまでのボウル一覧
 
 

(3)広めのトイレ

間口が120cmほどあるタイプのトイレ(0.75坪)。このトイレの場合は左右どちらかにカウンターを設置して、35cmほどのボウルを置くことができます。

間口が一般的トイレよりも広く、120cm以上あればカウンターを造作して、その上にボウルを置くことができます。手洗い器の種類はガラス製、磁器製など素材も幅広く選ぶことができます。
※カウンターによっては35cm以上が置ける場合もあります。

奥行き35cmまでのボウル一覧
 

(4)広いトイレ

間口が120cmを超えるような広いトイレ(1坪)。この場合は35cm以上のボウルを置くことができ、パウダールームとして活用することもできます。

間口が広いトイレ(又は近くの独立した手洗場利用)でしたら、洗面としても使える大きなボウルを置くことができます。ゆったりとお化粧直しをするような手洗い台をつくることも可能です。
奥行き35cm以上のボウル一覧
 

一般的な一軒家やマンションでは、間口が80〜90cm、奥行きが140〜160cm、広さとしては0.4〜0.5坪の普通トイレが多いと思います。その場合でも、カウンターとセットになったコンパクト手洗いユニットを設置できます。また、スペースに余裕がある場合はお化粧直しもできる大きな洗面ボウルがお勧めです。
 

ポイント2.トイレプランニングの優先順位や設置場所

トイレ空間にはトイレはもちろん、ペーパーホルダーやタオル掛けも必要。人によっては予備のトイレットペーパーやトイレ洗剤などトイレ内に収納したい人。どうしても手すりを取り付けたい人など様々。独立した手洗器が取り付けれるスペースがあるかを確認しましょう。
LIXIL・UDガイドトイレ)をご覧ください。

※トイレプランニングで質問の多い、手洗いカウンターの設置高さについてはコチラをどうぞ。
 

まとめ

・トイレ空間4つのパターンから置けるボウルを選ぶ
・狭い、0.5坪トイレにも独立したコンパクトな手洗器設置が可能
・トイレプランニングの優先順位や設置場所にも気をつけよう

 
といれたす岡山店
〒701-0151 岡山市北区平野 909-1 セントラル参番館 1 階東
電話番号 086-236-6175 FAX番号 086-259-1178
営業時間 10:00〜17:00 | 定休日 土日・祝日
といれたすはトイレを彩る建材・雑貨の専門店です。商品・リフォームに関するお問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

TOTOP