トイレの広さ(間取り)にあった手洗器・洗面ボウル選び

手洗器・洗面ボウルを置く上で重要なのは、トイレの空間(間取り)です。 ドアの位置や形状、向き、便器のサイズを確認し、立ち座りをしても邪魔にならない配置にすることが大切です。

ポイント1. トイレの広さ、スペースに置けるボウルを選ぶには?

トイレの間取りは大きく分けて4パターン

トイレの間口(横幅)とドアのタイプによって手洗器の選び方が変わります。

パターン (1)平均的広さ・正面入口ドア (2)平均的広さ・横入口ドア (3)広めのトイレ (4)広いトイレ
間取り図
広さ 正面入口ドア・0.4〜0.5坪 横入口ドア・0.4〜0.5坪 0.75坪前後 1坪以上
開口 80〜90cm 80〜90cm 120cm 170cm〜
奥行 120〜170cm 120〜170cm 170cm 170cm〜
設置可能な手洗器 25cm以下の手洗器 30cm以下の手洗器 35cm以下の手洗器 35cm以上の手洗器

(1)平均的なトイレ(正面入口ドア)

間口が80cmほど、ドアを開けると正面に便器があるトイレ(0.4〜0.5坪)。この場合は、左右どちらかの壁に幅25cm以下のコンパクトな手洗器・洗面ボウルを設置することができます。 正面入口の場合、手洗いの横を通って便座まで歩くことになりますが、人が通るためには50cmぐらいの幅が必要なので、手洗器の奥行を25cmぐらいまでにおさめると、空間にゆとりを持たせることができます。

※正面ドアの普通トイレで内開きドアの場合、トイレ空間が狭くなるので手洗器の取付をオススメできません。

平均的な広さ・正面入口ドアのトイレ事例をみる

(2)平均的なトイレ(横入口ドア)

間口が80cmほど、ドアを開けると右または左に便器があるトイレ(0.4〜0.5坪)。この場合は、正面ドアの向いのコーナーに手洗器を設置することができます。
正面出入口の場合と比べてややスペースが広く使えるため、奥行き30cmぐらいまでの手洗器が設置できます。

平均的な広さ・横入口ドアのトイレ事例をみる

(3)やや広めのトイレ

間口が120cmほどあるタイプのトイレ(0.75坪)。このトイレの場合は、左右どちらかにカウンターを設置して35cmほどのボウルを置くことができます。
広いスペースを生かしてカウンターを造作し、その上にボウルを置くことができます。ガラス製や磁器製など、手洗器の形や素材も幅広い種類から選ぶことができます。

※カウンターによっては35cm以上のサイズが置ける場合もあります。

やや広めのトイレ事例をみる

(4)広いトイレ

間口が120cmを超える広いトイレ(1坪)。この場合は35cm以上の大型ボウルを置くことができます。鏡などを取り付けて、パウダールームとして活用できます。
一般的な一軒家やマンションでは、間口が80〜90cm、奥行が140〜160cm、広さが0.4〜0.5坪の規格のトイレが多いと思います。その場合は、カウンターとセットになったコンパクト手洗ユニットを設置できます。スペースに余裕がある場合は、大きな洗面ボウルを置くのがおすすめです。

間口の広いトイレ事例をみる

ポイント2. 手洗器以外の設備もチェック。全体を見据えたプランニングを。

トイレ空間には、ペーパーホルダーやタオル掛けも必要です。また、予備のトイレットペーパーやトイレ洗剤などの収納スペース、手すりなどを希望する人も多くなっています。
手洗器だけではなく、トイレ空間において何を優先するのかも考慮しましょう。

おすすめ読み物「LIXILユニバーサルデザインコンセプト」

住まいのプランニングを考える際には、LIXILが公開しているLIXILユニバーサルデザインコンセプトがおすすめです。
30代の子育て期、介助が気になりはじめる50代、車椅子なども想定したい70代など将来の生活や家族構成にあわせた住まいづくりの考え方をトイレはじめキッチン、エクステリアなど各場所ごとのポイントがまとめられています。

ダウンロードはコチラ

手洗器・洗面ボウルの選び方トップに戻る

といれたす岡山店
〒701-0151 岡山市北区平野 909-1 セントラル参番館 1 階東
電話番号 086-236-6175 FAX番号 086-259-1178
営業時間 10:00〜17:00 | 定休日 土日・祝日
といれたすはトイレを彩る建材・雑貨の専門店です。商品・リフォームに関するお問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

TOTOP