手洗器・洗面ボウルを置くメリット。「タンク手洗付トイレ」じゃダメ?

タンクレストイレが普及してトイレに手洗器・洗面ボウルを設置することが増えました。
新築・リフォームでトイレ周りを考えるなら「タンクレス&手洗器」と、昔からある「タンクに手洗いがついたトイレ(タンク付トイレ)」どちらが良いでしょう?
トイレの手洗いについてまずは基本から確認してみましょう。

1.トイレは「タンクレス」「タンク付き」?

手洗器・洗面ボウルを置くかどうかは、トイレ本体に手洗い機能があるか無いかです。
洋式トイレは現在、タンク・手洗い機能のない「タンクレストイレ」と、昔から販売されている「タンク付トイレ」の2種類が販売されています。

タンクレストイレ

タンクレスとは水を流すためのタンクが後ろについていないトイレです。「トイレが広く見える」「すっきりしたデザイン」「トイレの後ろが掃除しやすい」などの理由からよく選ばれるようになりました。タンクレスには手洗い機能がありませんので、手洗い場(手洗器)をかならず用意します。

タンク付トイレ

トイレに求めるものが温かい便座、おしり洗浄ぐらいでデザイン性にこだわらない方にはタンク手洗器付トイレが人気です。流すと同時にタンク上部の手洗で手が洗えるので合理的。

タンク手洗器は使い勝手とお掃除がデメリット

手洗部分がトイレの奥になりますのでお子さまやお年寄には手が届きにくいこと、手洗器が小さいので水ハネしやすく壁紙に黄ばみやカビが発生しやすくなる点。トイレの裏側の掃除のしにくさがデメリットです。 (タンクレスとタンク付きトイレの比較はこちら

2.間取りにあわせて選ぶ『タンクレストイレと手洗器の組合せ例』

間取りにあわせて選ぶ『タンクレストイレと手洗器の組合せ例』

例1 狭め〜標準的なトイレにおすすめ!「タンクレス+コンパクト手洗器」

マンションや戸建に多い0.5坪・間口(部屋の幅)80cmほどのトイレに手洗器を設置した事例です。余裕をもって設置できるコンパクト手洗器は種類も豊富です。

例2 広めのトイレにおすすめ! 「タンクレス+カウンター&洗面ボウル」

間口120cm以上の広めなトイレなら、手洗カウンターに大きめ(直径30cm以上)の洗面ボウルを組み合わせることも可能です。タンクレストイレと手洗器・洗面ボウルで好みの組み合わせを見つけてみてください。

3.部屋のシンプルさが最優先なら「手洗いはトイレの外」

トイレルームの外に洗面所、洗面台を作って、トイレ室内に手洗器を設置しないという方法もあります。水回りを広くとれるので水ハネ、水汚れの心配はより少なく、見た目もシンプルですっきり。
ただし、手洗いはトイレ後すぐじゃないとと言うお声もありますのでご家族で話し合って決めましょう。

4.「タンク付」から「タンクレス+手洗器」へのリフォーム

今のトイレがタンク付トイレでも「タンクレス+コンパクト手洗器」に変えるリフォームも可能です。給水管・排水管の位置によっては、壁や床を剥がす工事はありますが手洗器用に給排水管を増やすことは一般的な工事内容です。

最近増えている「セカンド洗面」とは?

手洗い場がトイレだけでなく二階や玄関横にもあれば、トイレ以外の用途、例えば帰宅後の手洗いも玄関を上がってすぐできれば動線もスムーズですし衛生的にも安心です。トイレ内に独立した手洗器を置くのが難しいケースや、住まい全体の間取りも含めてご検討中なら、2つ目の手洗い場を考えてみてはいかがでしょうか。

洗顔、洗い物など「手洗以外の用途」でボウルの大きさを選ぶには?

まとめ

  • タンクレストイレなら手洗器・洗面ボウルが必要
  • トイレ外に洗面を設ければ間取りがさらにスッキリ清潔
  • タンク手洗器付トイレから「タンクレス+コンパクト手洗器」へのリフォームも可能

手洗器・洗面ボウルの選び方トップに戻る


といれたす岡山店
〒701-0151 岡山市北区平野 909-1 セントラル参番館 1 階東
電話番号 086-236-6175 FAX番号 086-259-1178
営業時間 10:00〜17:00 | 定休日 土日・祝日
といれたすはトイレを彩る建材・雑貨の専門店です。商品・リフォームに関するお問い合わせはこちらから。

TOTOP