2019年 年末年始営業・配送のお知らせ 詳しくはこちら

石膏ボードに取り付けるには

トイレットペーパーホルダーやタオル掛けの取り付けは、壁の下地によって変わります。
下地が石膏ボードの場合、そのままではネジでとめることが出来ません。
ですがいくつかの方法があります。

方法1.下地をつくる

一番確実なのは下地をつくることです。石膏ボードを切り取って穴を開けて、下地となる合板を入れてまた閉じます。
確実ですが、DIYでは難しいので専門家に頼むことになります。

木材部分を探す

石膏ボードでも裏に木があるところではネジで取り付けることができます。
下地をつくるのはお金もかかるし大げさすぎる、という方は壁裏に木があるところを探しましょう。

木を探すためには「下地探し」を使います。

下地を調べるには「下地探し」という道具が便利です。

石膏ボードは裏から見るとこの通り。実際の壁にもこのように、縦と横に木材があります。
縦のものを「間柱(まばしら)」横のものを「胴縁(どうぶち)」などと言います。この木材があるところだとネジでものを取り付けることができます。

まず石膏ボード部分に刺してみます。すると奥までズボッとささります。

石膏ボードは柔らかいので、裏から見るとこのように針が突き抜けています。

木材のあるところに刺してみると、石膏ボードの厚さまでは刺さります。ですがそれより奥は刺さりません。

裏から見ても当然突き抜けていません。
こうやって下地探しという道具を使うことで、裏に木材があるところを見つけることができます。

木材が見つかったら、ネジで取り付けます。

石膏ボードアンカーを使う

丁度いいところに木材があれば良いですが、取り付けたいところに無い場合もあります。
そんなときは「石膏ボード用アンカー」を使うことで解決できます。

石膏ボードアンカーとは、本来ネジ止めできない石膏ボードでもネジを止められるようにする補助部品です。

まずこのアンカーをネジで壁に取り付けます。

裏から見るとこのようになります。

アンカーはしっかりと石膏ボードに固定されるので、このアンカーの穴にネジを止めることで取り付けることができます。

注意点はやり直しがきかないこと。外すとぽっかり穴があきます。

まとめ

ペーパーホルダーやタオル掛けを石膏ボードに取り付けるには、下地が必要です。専門家に頼んで下地をいれてもらうか、下地を入れない場合は木材部分を探しましょう。もしくは補強部品を使用して取り付けることも可能です。
いずれも注意点があるのでよく確認してから取り掛かりましょう。
といれたすオンラインショップでは、100種類以上のトイレットペーパーホルダーのほか、タオル掛けや手洗ボウルなどトイレのインテリアを楽しむ商品を取り揃えています。ぜひご覧ください。

商品ラインアップ

商品の選び方トップにもどる

といれたす岡山店
〒701-0151 岡山市北区平野 909-1 セントラル参番館 1 階東
電話番号 086-236-6175 FAX番号 086-259-1178
営業時間 10:00〜17:00 | 定休日 土日・祝日
といれたすはトイレを彩る建材・雑貨の専門店です。商品・リフォームに関するお問い合わせはこちらから。

TOTOP