ペーパーホルダーやタオル掛けなどの取り付け方

トイレットペーパーホルダーやタオル掛けの取り付けは、壁の下地によって変わります。
そこでまず、壁の下地にどんなものがあるのかを簡単にご説明して、それから取り付け方をご紹介します。

壁の下地の種類

構造用合板

構造用合板とは、壁に使う合板(ベニヤ板)です。木なので、ネジなどでものを取り付けることができます。

トイレの壁は、トイレットペーパーホルダーだけでなく、手すりなどを取り付けることもあるので、壁に構造用合板が使われていることも多いです。

石膏ボード

石膏ボードとは、石膏を板状にして、それを板紙で包んだものです。合板よりも安く、また遮熱性、防音性、そして耐火性にもすぐれているので、住宅の壁の多くは、石膏ボードが使われています。

石膏ボードは、石膏という柔らかいものでできているので、ネジを使ってものを固定することができません。

タイル

トイレでは、とくに古いトイレであれば壁がタイル貼りになっていることもあります。タイルは水に強いのが特徴です。

タイルは割れやすいので、ネジでものを止めるのが難しいです。

下地の確認

取り付ける前に、壁の下地が何なのか確認します。

タイルの場合は簡単です。見ればわかります。問題は、壁紙が貼られている場合で、壁紙の下が合板なのか石膏ボードなのか調べる必要があります。

下地を調べるのには、「下地探し」という道具が便利です。

中にハリが入っていて、柔らかいところに刺すと奥までささり、硬いとささりません。

これを壁にさしてみて、奥までいかず止まってしまったら合板です。

下地が合板の壁にさすと、写真のように、奥までささりません。

反対に、奥までささり、ズボッと最後に抜けた感じになったら石膏ボードです。

下地が石膏ボードの壁にさすと、写真のように、奥までしっかりささります。石膏ボードは柔らかいので、ハリが簡単にささるのです。

取り付け方

合板の場合

合板の場合、取り付けは簡単です。ドライバー1本で、ネジで取り付けることができます。

ペーパーホルダーでしたら、30〜40mmほどのネジでとめましょう。

取り付けの具体例は、といれたすブログ お盆のプチDIY トイレットペーパーホルダーを交換をご覧ください。

石膏ボードの場合

石膏ボードの場合、取り付けるには少し手間が必要です。それについては別ページをつくりましたので、トイレットペーパーホルダーなどを石膏ボードに取り付けるにはをご覧ください。

タイルの場合

タイルの場合、ネジで取り付けるには、まず電動ドリルで穴を開けるのですが、失敗するとタイルが割れてしまい、ちょっと難しいです。専門家に頼むのをオススメします。

また、ペーパーホルダーであれば、壁に取り付けるのではなく、床に置く自立スタンド型を選ぶのも良いと思います。
自立スタンド型ペーパーホルダー一覧

開いた穴をかくす方法

もともと取り付けていたペーパーホルダーの穴が、目立ってしまう場合があります。
その場合は、トリム(10cmぐらいの幅の細長い壁紙)がオススメです。

穴をかくすだけでなく、ペーパーホルダーとコーディネートとしてインテリアを楽しむこともできます。

まとめ

ペーパーホルダーやタオル掛けの取り付けは、下地が合板ならドライバー1本でできる簡単DIYです。DIY初心者の方もぜひチャレンジしてみてくださいね。




といれたすオンラインショップでは、100種類以上のトイレットペーパーホルダーのほか、タオル掛けや手洗ボウルなどトイレのインテリアを楽しむ商品を取り揃えています。ぜひご覧ください。

全商品ラインナアップをみる

DIYハウツー

ウォールデコレーションを楽しむ5つの方法

壁用マスキングテープで気軽にウォールデコレーション
まずは気軽にやってみたいという方には壁用マスキングテープがオススメ。
塗料ペイントで壁の色を楽しもう
殺風景な白い壁を、色で楽しみたいのなら壁紙の上から貼れる塗料がオススメ。


お気に入りのデザイン壁紙で大胆にイメチェン
シック、モダン、エレガントなど色々なデザインの壁紙で、お部屋がお気に入りの空間に早変わり。
自然素材のしっくいで、ナチュラルなお部屋に
ナチュラル志向の方は、調湿機能もあるしっくいがオススメ。


タイルでお部屋を個性的に
水回りによく使われるタイルは、色も形もバリエーション豊富。

その他のハウツー

タオル掛けの高さや位置
タオル掛けは高さ120cmぐらいに取り付けるのが一般的ですが、一度使い方をイメージしてから便利な所に取付けましょう。


トイレの壁のカビの落とし方、予防法
トイレは湿気が多く、カビに生えやすい場所ですが、ひどくなる前なら簡単にカビを落とすことができます。


壁フレッシュの施工方法
泡(ムース)状の塗料で、狭いところでも塗りやすい「壁フレッシュ」の施工方法です。

DIY事例

といれたすのお客様のDIY事例をブログで紹介しています。ぜひ御覧ください。




といれたす岡山店
〒700-0924 岡山市北区大元2丁目2-7
営業時間 10:00〜17:00 | 定休日 日曜・祝日
といれたすはトイレリフォームと、トイレを彩る雑貨・アクセサリの専門店です。リフォーム・商品に関するお問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

TOTOP