蛇口(水栓)の選び方

ボウルが決まったら、次は蛇口(水栓)です。使い勝手も考えて、ボウルに合ったものを選びましょう。

ポイント1.給水方式に合ったものを選ぶ

蛇口(水栓)は、給水方式に合ったものを選びましょう。給水(水の取り出し口)には、2通りあります。1つは床にその口があるもので、床給水と言います。もう一つは、口が壁にあるもので壁給水です。

床給水、壁給水は、それぞれそれに適した蛇口(水栓)が異なります。

床給水には立水栓、壁給水には横水栓を使います。

立水栓

床給水の場合は、給水(水の取り出し口)が床にあるので、立った蛇口(水栓)を使います。

横水栓

壁給水の場合は、給水が壁にあるので、横になった蛇口(水栓)を使います。
横水栓 商品一覧

給水方法を途中から変えるのは大変なので、はじめに施工会社さんに確認しておいて、それにあった蛇口(水栓)を選びましょう。

ポイント2.ボウルの置き方に合った高さのものを選ぶ

立水栓の場合は、ボウルの設置と合った高さを選びましょう。
蛇口(水栓)が低すぎると手が洗いにくく、高すぎると水が飛び散ってしまいます

背の高い立水栓(ボウルの設置が「置き」の場合)

ボウルの設置が「置き」(天板に埋め込まず、置いたままの設置)の場合は、ボウルの底が天板と同じ高さ、フチが天板より高くなります。
この場合は、背の高い蛇口(水栓)を選びましょう
背の高い蛇口 商品一覧

背の低い立水栓(ボウルの設置が「埋め」の場合)

ボウルの設置が「埋め」(天板に埋め込む設置)の場合は、ボウルの底が天板よりも低くなり、フチが天板と同じ高さになります
この場合は、背の低い蛇口(水栓)を選びましょう
背の低い蛇口 商品一覧

横水栓の場合は、位置を調整

横水栓の場合は、蛇口(水栓)の取り付け位置を自由に変える事ができます。ちょうど良い高さに取付けましょう。
横水栓 商品一覧

ポイント3.デザインを選ぶ

立水栓には大きく分けて、グースネックとストレートタイプとあります。

グースネック型

ガチョウの首のように曲がっている蛇口(水栓)です。きれいな曲線がエレガントです。
グースネック型蛇口(水栓) 商品一覧

ストレート型

まっすぐ立っている形で、モダンな印象になります。
ストレート型蛇口(水栓) 商品一覧

レバー・ハンドル

レバー・ハンドルには、ハンドル型とレバー型があります。

ハンドル型

昔ながらの形で、レトロで落ち着いた雰囲気になります。
ハンドル型蛇口(水栓) 商品一覧

レバー型

力がなくてもひねりやすいです。
レバー型蛇口(水栓) 商品一覧

ハンドル型にするか、レバー型にするか、組合せで選ぶこともできる商品もあります。

レバー・ハンドルの位置

レバー・ハンドルは、根本についているものと、上部についているものがあります。

手を洗うには、まずレバー・ハンドルをひねて水を出し、手を洗ってから、またレバー・ハンドルをひねって水を止めます。
水を止める時には手は濡れているので、レバー・ハンドルまわりは水滴で濡れてしまいます。

根本にレバー・ハンドルがある

昔からある形です。上部がスリムで全体にスッキリして見えます。
レバー・ハンドルが根本にある蛇口(水栓) 商品一覧

上部にレバー・ハンドルがある

ボウルの上にレバー・ハンドルがあるので、水濡れする場所は少なくてすみます。
レバー・ハンドルが上部にある蛇口(水栓) 商品一覧

手洗いのスペースが小さくてコンパクトにしたい、という場合は、レバー・ハンドルが頭についているほうが使いやすいかもしれません。

機能

単水栓、混合水栓

水だけを出すのが単水栓、水もお湯も出すことができるのが混合水栓です。

トイレの手洗いで水だけで良いのであれば単水栓、洗面としてお湯も出したいのであれば混合水栓をお選びください。

飛び散りにくい泡沫

蛇口の口の部分が蜂の巣のような穴になっていて、適度な空気が混ざる「泡沫」水栓もあります。
水が少なくても勢いがあるので節水になり、また、水が飛び散るのを抑える効果があります。
コンパクト手洗いで回りに水を飛ばしたくないという時には、特にオススメです。

 

手洗器の選び方

といれたす岡山店
〒700-0924 岡山市北区大元2丁目2-7
営業時間 10:00〜17:00 | 定休日 日曜・祝日
といれたすはトイレリフォームと、トイレを彩る雑貨・アクセサリの専門店です。リフォーム・商品に関するお問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

TOTOP